高性能住宅の秘密

注文住宅

一般的な注文住宅と同等以上の「断熱性」「気密性」と「耐震性」を実現できたのには理由があります。

その
1

「高断熱」で夏は涼しく、冬は暖かく

断熱性はなぜ重要?

住宅の性能、「高断熱」は光熱費だけでなく日々の快適さ、健康にとっても大事なものです。
高断熱の住宅は、一棟が丸ごと魔法瓶のようなもので、冬は中の暖かい空気を閉じ込め、夏は外の暑さを遮ってくれます。
寒さ、暑さや、家の中の温度差は私たちの体の負担になります。寒い家でいくら暖房を効かせても、部屋ごとに急激な温度差があればヒートショックを起こし、失神や心筋梗塞、脳梗塞を起こすことも。年齢によらず、30代の若い方でもヒートショックにより亡くなる方もいらっしゃいます。住宅の断熱性を高めればこのリスクを大きく減らすことができると言われています。

「高断熱」で夏は涼しく、冬は暖かく

「高断熱」を支える「高気密」

「高断熱」の性能を活かすために大切な性能に「気密」というものがあり、家の隙間の程度のことを指します。
隙間の多い、つまり「気密」が低い住宅は、せっかく高断熱でも隙間から熱が逃げてしまいます。熱を逃がしにくい建物だとしても、もったいないですよね。
「高断熱」の住宅は「高気密」であることが大事です。家の隙間が少なく、熱が逃げないので、高断熱の性能を活かし光熱費も抑えられるというわけです。

換気

家の中を快適な環境にするためには丁度良い量の新鮮な空気を必要な所に届ける必要があります。
この「計画換気」には建物の気密性能が重要で、隙間が多く気密性の低い建物では居室の給気口から新鮮な空気がほとんど入ってきません。
確実に換気を実現する上で必要な気密性能はC値=1.0㎠/㎡以下と言われています。

デザイン性や機能性は高水準をお約束!

高断熱の指標となる「UA値」と、
高気密の指標となる「C値」

断熱性は「UA値」という指標で表され、値が小さいほど高断熱となります。
ヒロガリエのUA値は2020年の日本の目標値を上回ります。
気密性は「C値」という指標で表され1.0以下が好ましいと言われています。ヒロガリエでは全棟気密測定を行い、1.0以下を実現しています。

等級4 HIRO
GALIEの
一例
4(旧Ⅲ)
地域
5,6(旧Ⅳ)
地域
Q値 2.4W/㎡・K 2.0W/㎡・K 2.0W/㎡・K
UA値 0.75W/㎡・K 0.87W/㎡・K 0.55W/㎡・K
その
2

構造計算による
耐震等級3レベルの建物

耐震等級って?

耐震等級は建物の地震に対する強さを表す指標で、日本では品確法において3段階の等級が定められています。
耐震等級1が建物を建てるうえで必ず満たさないといけない基準(建築基準法)ですが、それに比較して耐震等級2は等級1の1.25倍の強さ、耐震等級3は等級1の1.5倍の強さとなります。ヒロガリエでは全棟耐震等級3の強さの建物を実現します。

構造計算による耐震等級3レベルの建物

構造計算って?

建物の耐震性能を確かめるために建物の構造計算を行います。「仕様規定」「性能表示計算」と「許容応力度(構造計算)」がありますが、「許容応力度(構造計算)」を行うことで家の形状や大きさに応じてバランスの取れた変形、ねじれのない建物を実現することができます。ヒロガリエでは建物がより安全な状態を保てるように、「許容応力度等計算」という方法で詳細な構造計算を行っています。

デザイン性や機能性は高水準をお約束!

耐震等級による
建物の強さって?

建築基準法の耐震等級1の建物は、およそ震度5強の地震では、損傷はしないと言われています。
また、およそ震度6強~7の地震だと、倒壊・崩壊しませんが、損傷はするので引き続き使えない可能性はあります。あくまでも人命確保、逃げられる強度になります。
震度6クラスが2回連続で起きた場合は、耐震等級3の強度が必要と言われています。

プラン例
つなげる家

つながる家

プランID-371
延床面積 90.67m²
参考価格帯(税別)
1,300万円 1,600 〜 1,700 万円 2,000万円
※ 価格は概算本体価格です。
※ 施工エリアや仕様により、本体価格が異なる場合がございます。
※本プランは、撮影当時に販売されたプランとなっており、 最新のプランとは一部設計・仕様が異なる場合がございます。
内部空間のつながりを感じる吹抜を中心に、家の外と中をつなぐ美しいデザインの家。

ハイサイドライトの家

プランID-427
延床面積 94.81m²
参考価格帯(税別)
1,300万円 1,500 〜 1,600 万円 2,000万円
※ 価格は概算本体価格です。
※ 施工エリアや仕様により、本体価格が異なる場合がございます。
※本プランは、撮影当時に販売されたプランとなっており、 最新のプランとは一部設計・仕様が異なる場合がございます。
LDKの吹抜上部にある高窓「ハイサイドライト」で光を感じ豊かに暮らせる家。

木箱の家-1E

プランID-419
延床面積 88.60m²
参考価格帯(税別)
1,300万円 1,500 〜 1,600 万円 2,000万円
※ 価格は概算本体価格です。
※ 施工エリアや仕様により、本体価格が異なる場合がございます。
※本プランは、撮影当時に販売されたプランとなっており、 最新のプランとは一部設計・仕様が異なる場合がございます。
家事動線に配慮されたプラン。キッチンからLDKとお庭が見える、家族で楽しく暮らせる家。