【2023ねぶた祭】青森青年会議所の扇子持ち暴力スタッフは誰?名前や画像で特定の噂を調査!

青森ねぶた暴力行為

2023年8月9日、青森ねぶた祭で運行スタッフによる不適切行為があったことが物議を醸しています。

ねぶた祭で何があったのか?ざっくり言うと、ねぶたの運行を支援するスタッフが、ねぶたの台車を動かす曳き手6人にビンタをしたり、うちわで殴ったという暴力行為があったというもので、青森青年会議所が謝罪のコメントを発表しています。

2023年の青森ねぶた祭で、暴力行為をはたらいたスタッフは誰なのでしょうか?名前や顔画像に動画でスタッフを特定の噂がありますが本当なのでしょうか?

そこで、この記事は…

  • 【2023ねぶた祭】青森青年会議所の暴力スタッフは誰?
  • 名前や画像に動画で特定の噂は本当?


などについてまとめます。最後までご覧くださいね!

目次

2023年の青森ねぶた祭で暴力行為が発覚!ビンタ動画や騒動の最新情報をチェック!


上の画像は、ATV青森テレビのニュースに掲載された、2023年の青森ねぶたまつりで、曳き手へのスタッフによる暴力行為を撮影した画像です。モザイクがかかってよく見えないのですが、男が曳き手を殴りつけているように見えます。

暴力行為があったのは8月6日。この日のねぶたのスケジュールを見てみると、約20台の大型ねぶたが運行され、ねぶた大賞が発表される日だったみたい。



ねぶた祭でのスタッフによる暴力行為の理由は、気持ちが高揚してしまって思わず手がでてしまったのかな…とも思うのですが、ねぶた祭で何があったのか…騒動の最新情報をチェックしてみると…

青森青年会議所によりますと、不適切な行為があったのは、運行の支援を担当する成人男性2人です。2人は、曳き手の成人男性6人を平手とうちわで殴打するなどしていたということです。

この様子を撮影した動画がSNSで拡散し、青年会議所が2人へ聞き取りして不適切な行為を確認しました。2人は、障害物があることを運行スタッフに伝える担当で、青年会議所の聞き取りに対して直前にねぶたが障害物にぶつかったことから「気合を入れ直すという気持ちで行った」と説明しているということです。2人は、曳き手に対して謝罪して和解は成立しているということです。

ATVニュースより引用。


ねぶた祭で暴力行為をはたらいたスタッフが、青森青年会議所の会員なのか、それとも賛助会員なのか。祭のアルバイトスタッフなのかは公表されていません。

また、SNSで拡散されているビンタ動画は今でも見ることができるのかというと、ツイッターで見ることができます。


青森青年会議所は謝罪のコメントを発表し、暴力行為をはたらいたスタッフは曳き手に謝罪を行い、和解しているみたい。

ですが、ネットには暴力行為をはたらいたスタッフが特定されているという噂があるようです。

【2023ねぶた祭】青森青年会議所の扇子持ち暴力スタッフは誰?名前や画像にで特定の噂を調査!

青森ねぶた祭で暴力行為をはたらいたスタッフの名前は公表されていません。しかし、ネットには、この人物ではないか?という画像が投稿されているのです。


青森青年会議所と背中に書かれた法被を着ている人物ですが、日焼けに短髪が似合う男性ですよね。ツイートに添付されているインスタグラムのURLを調べてみると、既にアカウントを削除されているみたい。

噂の真相は定かではありませんが、削除される前のインスタグラムに騒動の張本人を思わせる投稿があったのかもしれません。

2023青森ねぶた祭の暴行騒動への世間の反応


賞がかかっているだけに、気合いが入るのは理解できるのですが、青森のねぶた祭といえば300年の歴史があり、海外でも知られている祭ですよね…


青森市民の方のツイートでしょうか。ねぶたはそんなに粗暴な祭りではないとツイートされていますが、同感です。

その他にも「JCがなぁ…」とか、青森青年会議所に対する投稿も見受けられましたが、ねぶたの扇子持ちといえば曳き手やねぶたをダイナミックに誘導する花形です。曳き手が悪いという理由で殴りつけたのではないか?という投稿もありますが、あまり気分が良い動画には見えませんね…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次